男の人

自販機を設置するだけ|会社に必要不可欠なアイテム

会社に置くための方法

缶ジュース

路上や店先でよく見かける自販機ですが、企業が休憩室や自社ビル内に設置することも多くなってきました。企業側はいろいろな思惑があって自販機を設置していると思いますが、コストがかかるものなので、ちょっとした工夫をすることが大切になります。現在の日本ではAEDというものが一般的になってきて、様々な場所に設置されるようになりました。自治体によっては義務化している所もあるようですが、会社に設置を義務付ける法律は今の所ありません。自販機の中にはAEDが付いているタイプがあるので、もし会社にAEDが無い場合は、このタイプの自販機を付けると良いかもしれません。また、自販機は電源を繋いだままにしておくものですが、夜間のオフィスでは使用する人がいないので、なるべく節電効果が高いタイプを選ぶことが大切になります。

大きな企業が自販機を休憩室に設置するのは、社員の要望などもあるでしょうが、しっかりと利益をあげられる可能性が高いからです。特に建物が大きな所では、社員が少ない休憩時間に外まで飲み物を買いに行くのは、大きなタイムロスになってしまいます。企業側にとってもお茶などの経費を削減でき、さらに利益をあげることもできるので、まさに一石二鳥なのです。仕事の合間にしっかりと休憩を取ることは、仕事の効率アップに繋がることでよく知られています。また、休憩には飲み物が欠かせない存在なので、自販機を休憩室に設置するのはとても理にかなっているのです。これらのことからも分かるように、企業が積極的に自販機を設置しようとするのは、それなりのメリットがあるからなのです。

オフィスに導入する効果

自動販売機

社員への福利厚生やコミュニケーションの円滑化のために、社内に自販機を設置する企業が増加しています。維持費も高価ではなく、職場の空きスペースに簡単に置くことができます。また、街中に置かれているものより価格を安価に設定することが可能です。

もっと見る

ネットでの依頼が可能です

ペットボトル

自販機の設置を行なってくれる会社や企業は沢山存在しており、中小企業が自社製品を自販機で売りたいといった際に役立ちます。最近ではネットから自販機の設置がお願いできるようにもなっているので、見積もりを出してもらい安いところに依頼するといいでしょう。

もっと見る

オフィスで飲むコーヒー

珈琲

オフィスコーヒーにはコーヒー豆やカプセルタイプ、紅茶といった豊富なメニューが楽しめるマシンがあります。また故障してもすぐにかけつけてもらえるサービスが実施されている会社であれば、安心して任せることができます。

もっと見る